スポンサードリンク
豚インフルエンザ(新型インフルエンザ)の予防グッツ
世界的猛威をふるっている
豚インフルエンザ(新型インフルエンザ)】日本でも感染者が確認され、WHOの警戒レベルもフェーズ5まで引き上げられました。

もし、この新型インフルエンザが、世界的規模で大流行したと仮定したとき、また、日本での感染者が更に増えたと仮定したとき、最低でも2週間分の食料・日用品・医薬品の備蓄が必要と言われています。予防や対策を早めに準備することで、パニック現象も抑えられ、尚且つ、マスク等の売り切れからも逃れる事が出来るでしょう。

死亡事例も多数見られているので、小さいお子様やお年寄りのいらっしゃる家庭や、また、移動の多い方達は、早めに予防グッツを用意されることをオススメします。

売れ筋ランキングは下記の通りです。

予防グッツ
売り切れ続出!3M社製1870 N95マスク
【お子様用】3M社製1860 N95マスク
女性にちょうど良いサイズ 高性能
SQUACY スカッシー スカッシー

日用品
ウィルスや菌をシャットアウト
万能除菌・消臭スプレー
二酸化塩素ガス溶存液 クレベリンL 1L濃縮タイプ
新型インフルエンザ 室内空間に浮遊する菌の除去また、空間消臭

食料
新型インフルエンザ対策の備
ケンコーコム

医薬品
手ピカジェル
手指消毒剤<ステアジェル>
ディフェンダーマスク【パンデミック対策】

>>その他の豚インフルエンザ対策グッツはコチラから<<
スポンサードリンク

2009年04月30日

新型インフルエンザとその他インフルエンザの比較

豚インフルエンザと

その他インフルエンザの比較




通常のインフルエンザ
・原因ウイルス⇒H1N1(Aソ連型)、H3N2
・感染力⇒強い
・主となる症状⇒発熱・鼻水・咳のどの痛み・筋肉痛

鶏インフルエンザ
・原因ウイルス⇒H5N1
・感染力⇒非常に弱い
・主となる症状⇒全身感染・発熱・重症肺炎

豚インフルエンザ
・原因ウイルス⇒豚インフルエンザウイルスA/H1N1
・主となる症状⇒咳や鼻水等の気道の炎症に伴う症状に加えて、突然の高熱、全身倦怠感、頭痛、筋肉痛等を伴うことを特徴とする。なお、国際的連携のもとに最新の知見を集約し、変更される可能性がある。

新型インフルエンザ
・原因ウイルス⇒H5、H7、H9など
・感染力⇒強い
・主となる症状⇒全身感染・発熱・重症肺炎など


厚生労働省「新型インフルエンザ対策関連情報」より

新型インフルエンザについて

豚インフルエンザについて




豚同士の間で流行するインフルエンザのこと。

人のインフルエンザと同様、いくつかの型があり、
流行の中心はA型のうちのH1N1型。

通常は人に感染しないが、
豚との濃厚な接触などでまれに感染することもある。

今回の(2009年4月)豚インフルエンザは
世界的に規模が大きく、WHOの警告レベルも
全6段階の内、フェーズ5まで引き上げられている。

日本国内でも一人の感染者が出たと発表された。
(2009年4月30日現在)